上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「文明の生態史観」(梅棹忠夫、中公文庫)についてです。

非常に読みやすい。ただ正直カバーの「名著礼賛」ほどのインパクトはなかったです。

・美と宗教
本書の中でもっとも印象的かつ興味深いと思ったフレーズを紹介します。
「寺は、宗教にかかわるものであって、芸術作品ではない。われわれ(日本人)は、宗教的体験の場である寺を、美的標準からのみ評価するというあやまりをおかしている。」
民族によって美的感情と宗教的感情の関係は異なる。私にとって非常に面白い観点です。

・文明の生態史観―系譜論と機能論―
本書のエッセンスとなるところでしょう。ただ説明は割愛します。確かにい面白い観点であったのですが、あまりに大雑把で、ある意味大胆すぎます。(その大胆さ、ダイナミズムが魅力なのかもしれませんが)


昨日の続きです。前回はマホメット出現前、つまり無道時代においては人々の精神状況が危機にさらされていたことを書きました。具体的には人生の儚さを感じる一方で、それを思想的(形而上的に)に昇華する術を持たなかったため、刹那的快楽主義に陥っていたということです。

・マホメットの出現
本書ではマホメットの出現を以上のような砂漠的人間の精神的危機に対する警告者として位置づけています。つまり彼は警告をもって人々を救おうとしたと。そしてこのような彼の態度の背景にはある大きな感覚的体験がある。それは終末的感覚です。旧訳的な宗教(セム語的宗教)においてはそれは神学的理論でも、文学的寓意でもない。まさに圧倒的な、生々しい感覚なのです。

・天性の政治家としてのマホメット
これは文字通りマホメットの政治家としての才能についてです。例えば当初彼はアラブ人の伝統的な多神教に関して妥協的な態度をとっていた、そんなことです。しかしそういったことは、彼の偉大な宗教的な指導者としての生涯に全く傷をつけない。というのも旧訳的な預言者宗教においては、政治性がなければ全くの骨抜きになるからです。
その構図は旧訳的な宗教は、律法(イスラムではシャリーア)を特徴とし、そして律法は立法である限り、政治性と切り離せないという三段論法でしょうか?比較宗教をできるほどの知識が今はないのでこれで勘弁を。
「マホメット」(井筒俊彦、講談社学術文庫)についてです。

今まで私の中では、イスラム教は圧倒的なカリスマ性をもつ宗教指導者マホメットにより突如生みだされた、という印象が強かったです。しかし本書を読み、実際はそこに砂漠世界特有の思想的背景があったことを知りました。これは、どんな歴史的事件も一人の英雄によって作られたことはなかった、と考えると当然ではあります。ただ、特に一神教宗教の誕生においては、やはり一人の宗教的天才に依るところが多いというイメージがありました。

―無道時代(マホメット誕生以前)の精神的状況―

マホメット誕生以前のことです。この時期の砂漠世界の価値観は「部族とともに迷い、部族とともに正道をいく」でした。つまり部族は砂漠的人間の存在の根源、原理。部族を言い換えると「血」ですね。血縁による共同性。

もちろんその中で砂漠的人間独特の徳も生まれてくる。一種の砂漠の騎士道といえるもの。端的にいうと、その高貴な血統に恥じない行動をすることが内容に。

しかしマホメットが誕生した頃には、すでに砂漠のアラビア人の精神は危機的状況にあった。

その原因は彼ら砂漠の民の思考法にある。彼らの感覚は、特に聴覚と視覚は、砂漠の厳しい環境で生存していくために異常に発達していた。しかしその発達した感覚があだとなり、彼らは世界を論理的に(因果律に基づいて)統一的に把握すること、ないしは感覚世界を超越した形而上的世界や夢の世界を思考できなかった。

もしそんな彼らが自分たちの人生の無常さを感じるようになり、現世の儚さを感じるようになるとどうなるか?

彼らは形而下の世界でしか生きられない。袋小路に陥るのである。そして瞬間的な快楽主義に堕ちていくしかなくなる。

これがマホメットが遭遇した砂漠の民の精神の危機であった。




私はたまにクラブで、まさにこれこそ人間の原始の姿だ、と思う行為を目にします。

それは男女のペアが、バックや立位を彷彿とさせる形で、一心不乱に踊っている姿です。

卑猥な話ですが、とにかく腰の動きと体全体の揺れが激しいです。動画を撮ってyoutubeにアップしたら結構なPVを稼ぐかもしれません。

ここでこの行為を考察するに必要な条件を挙げてみます。

①音楽について
音楽は四つ打ちのテクノからハウス。但し歌もの、メロディアス、情緒性の強いものはダメです。硬質なプログレッシブハウスや、これまた硬めのテクノがよさそうです。メロディーは単純なものがいいです。(揺さぶるのは感情ではなく本能と身体)
トランスは高揚感が強いのですが、原始性に乏しく微妙です。サイケの方がよさそうですが、あまりBPMが速すぎるのはダメです。
あとレゲエはうってつけかも知れませんが、私自身詳しくないので言及しません。

②薬物使用について
エクスタシーなどの薬物を使用すると「行為」に及ぶ確率も大幅に上がり、行為もよりダイナミックになるでしょうが、ドラッグ無しでも十分見受けられます。そう考えると必要条件ではないはずです。

③意識的な愛情表現?無意識の原始回帰?
本人がこれを意識してやっているかどうかに関してです。もし意識していたら、単なるパフォーマンスの一つで価値が無くなります。「いつもベッドでやってることよ」ではイタい二人の描写に過ぎないです。
だからこそ要ヒアリングです。これが一番肝心ですよね。もちろん私としては彼らが無意識に無我夢中でやってくれているのを期待します。
近いうちに読もうと思っている本のリストです。
文明の生態史観 梅棹忠夫(読書中)
汚穢と禁忌 メアリ・ダグラス(読書中)
宗教人類学 佐々木宏幹
芸術の哲学 渡邊二郎
美について 今道友信
イスラーム文化 井筒俊彦
イスラム社会 アーネスト・ゲルナー
ドストエフスキーの詩学 ミハイル・バフチン

あとブルクハルトの「歴史の危機」「ルネサンス論」についても。。
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。