上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の続きです。前回はマホメット出現前、つまり無道時代においては人々の精神状況が危機にさらされていたことを書きました。具体的には人生の儚さを感じる一方で、それを思想的(形而上的に)に昇華する術を持たなかったため、刹那的快楽主義に陥っていたということです。

・マホメットの出現
本書ではマホメットの出現を以上のような砂漠的人間の精神的危機に対する警告者として位置づけています。つまり彼は警告をもって人々を救おうとしたと。そしてこのような彼の態度の背景にはある大きな感覚的体験がある。それは終末的感覚です。旧訳的な宗教(セム語的宗教)においてはそれは神学的理論でも、文学的寓意でもない。まさに圧倒的な、生々しい感覚なのです。

・天性の政治家としてのマホメット
これは文字通りマホメットの政治家としての才能についてです。例えば当初彼はアラブ人の伝統的な多神教に関して妥協的な態度をとっていた、そんなことです。しかしそういったことは、彼の偉大な宗教的な指導者としての生涯に全く傷をつけない。というのも旧訳的な預言者宗教においては、政治性がなければ全くの骨抜きになるからです。
その構図は旧訳的な宗教は、律法(イスラムではシャリーア)を特徴とし、そして律法は立法である限り、政治性と切り離せないという三段論法でしょうか?比較宗教をできるほどの知識が今はないのでこれで勘弁を。
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://lostlanguage004.blog83.fc2.com/tb.php/19-cd1de8ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。