上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の続きです。

■ブルクハルトの同時代批判
・フランス革命を境にヨーロッパは伝統と断絶して不安定な時代に入った。→19世紀の「暫定性」

・大衆批判
→貴族主義的な立場からの大衆批判。「昔は愚か者にしろ、自分自身の力で愚かだった。」「われわれが直面しているのは、一般的な平準化である。」

・アメリカ流ビジネスへの批判

・国家の肥大化への危惧
大衆民主主義の登場と普及が国家の肥大化を招き、ついには暴力支配に行き着く「大衆専制主義」に反転すると主張した。
というのも大衆が願望する幸福とはきわめて物質的であり、その願望は決して満たされない。そこで大衆は国家の福祉のもとで改革を求め続け、それが結局国家の肥大化をもたらす。

■ブルクハルトの歴史観
人間の精神は変わらざる人間性に根ざした恒常的な側面をもつ一方で、他方で時代とともに変わる側面(歴史的側面)をもっている。

歴史的側面から考えると、精神はそれ自身が変わっていくと同時に、そのときどきの精神に見合った「生活形態」を樹立する。ここでいう生活形態とは今っぽくいうと「システム」(cf.マトリックス)。

しかしこのような「生活形態」も永久に持続するわけではない。人間の精神は一箇所にとどまることなく動き続けるので、かつてその時代の精神に見合う形で樹立された「生活形態」は新たな精神との間に矛盾や齟齬をきたすからだ。そして一旦「生活形態」の破綻が起これば世界は没落する。その間にも、精神はその新しい状態に見合った「生活形態」を構築する。ただしこの「生活形態」もいずれは同じ運命をたどって没落する。

このように精神が働き続け、一旦構築した「生活形態」を崩壊させているのが歴史の姿であり、これを歴史の「主要現象」とした。

ただしこのような歴史の「主要現象」に明確な到達点はない。というのも人間は自然界の闘争と連続する原始的な獣的側面を失っていない以上、この人間の精神を原動力にして動く歴史が、一つの目的に向かって動く合理的な過程を示すわけがないからだ。⇔進歩史観

「もしもすでに過去に一人の人間が他の人々のために命をささげたとするなら、それ以後それを超えたためしなどない。」したがって、人間の倫理性が「進歩」したという考え方は全くの誤謬。

また「われわれの現在の道徳全体が、これらの安全性に方向付けられている。」といい、同時代の人間が「安全性」を観点に、過去の歴史の「幸」「不幸」を判断するのを批判した。この批判はもちろん今の私たちにも十分通用する。結局人々が歴史に対して発する「幸」「不幸」は、各人の気まぐれなエゴイズムに過ぎないとした。

今日はこれまで。。。


スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://lostlanguage004.blog83.fc2.com/tb.php/12-3a8c9242
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。