上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「文明の生態史観」(梅棹忠夫、中公文庫)についてです。

非常に読みやすい。ただ正直カバーの「名著礼賛」ほどのインパクトはなかったです。

・美と宗教
本書の中でもっとも印象的かつ興味深いと思ったフレーズを紹介します。
「寺は、宗教にかかわるものであって、芸術作品ではない。われわれ(日本人)は、宗教的体験の場である寺を、美的標準からのみ評価するというあやまりをおかしている。」
民族によって美的感情と宗教的感情の関係は異なる。私にとって非常に面白い観点です。

・文明の生態史観―系譜論と機能論―
本書のエッセンスとなるところでしょう。ただ説明は割愛します。確かにい面白い観点であったのですが、あまりに大雑把で、ある意味大胆すぎます。(その大胆さ、ダイナミズムが魅力なのかもしれませんが)


スポンサーサイト
昨日の続きです。前回はマホメット出現前、つまり無道時代においては人々の精神状況が危機にさらされていたことを書きました。具体的には人生の儚さを感じる一方で、それを思想的(形而上的に)に昇華する術を持たなかったため、刹那的快楽主義に陥っていたということです。

・マホメットの出現
本書ではマホメットの出現を以上のような砂漠的人間の精神的危機に対する警告者として位置づけています。つまり彼は警告をもって人々を救おうとしたと。そしてこのような彼の態度の背景にはある大きな感覚的体験がある。それは終末的感覚です。旧訳的な宗教(セム語的宗教)においてはそれは神学的理論でも、文学的寓意でもない。まさに圧倒的な、生々しい感覚なのです。

・天性の政治家としてのマホメット
これは文字通りマホメットの政治家としての才能についてです。例えば当初彼はアラブ人の伝統的な多神教に関して妥協的な態度をとっていた、そんなことです。しかしそういったことは、彼の偉大な宗教的な指導者としての生涯に全く傷をつけない。というのも旧訳的な預言者宗教においては、政治性がなければ全くの骨抜きになるからです。
その構図は旧訳的な宗教は、律法(イスラムではシャリーア)を特徴とし、そして律法は立法である限り、政治性と切り離せないという三段論法でしょうか?比較宗教をできるほどの知識が今はないのでこれで勘弁を。
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。