上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・ウェスターマークの仮説
幼少の頃からきわめて親密に育った人々の間に性交に対する生得的な嫌悪が存在する
台湾のシンプアの研究
・マードックの調査
250の集団で近親性交の調査→禁じられている社会がほとんどで許されている社会などない、罰則は死罪or追放が多い
・メイト・アウト(交尾回避)
思春期に達した雄や雌が自分の生まれた集団から離脱すること
交尾回避がメイト・アウトを引き起こすという説
・(インセスト)回避から規範
雄(父)が雌(娘)と性的な親和性とは異質な親和性を結ぶことで「父性」がうまれた、また「自分の娘で他人の妻」といった複合的な男女関係が可能になった→他集団との共存に
・母方交差イトコ婚、父方平行イトコ婚
・身内とよそ者、分節
タブー以前に予め近親者や身内の範囲、境界が固定されているのではない、むしろタブーが近親者とよそ者を分節する
・いかなる婚姻もインセスト byレヴィ
婚姻は「教える―学ぶ」関係にある「他者」とではなく共同体の「同一者」や「身内」となされる
・「真の内婚」byレヴィ、トーテム分類法
婚姻の可能性を人間共同体の境界外に求めることの拒否、ここで「人間共同体」とは?→トーテム分類法では人間と動物が祖先、子孫、配偶者の関係になり「同一者」となる、から
・ヴェズの婚姻理論
ヴェズの人々は自分を基点として父系、母系問わずに双方に系譜関係を広げてえられる親戚の数を自慢する
「人々はみんな同じ一族であるが、結婚が彼らを分かつ」→族外婚が成立するように「差異」を作るのが結婚になる

。。。今日は以上。

スポンサーサイト
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。