上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ウェブ人間論」(梅田望夫、平野啓一郎共著、新潮新書)の第一章を読んで。

web2.0以後の世界に楽観的な梅田さんと、それに対して懐疑的な平野さんの対談。

一番印象に残ったのは「ネットは国の壁は越えられるが言語の壁はなかなか越えられない」の箇所。

そう考えると英語圏やフランス語圏というのが、ネット上の言語の大陸になるかも知れない。同時に日本語は日本人しか使わないから、その意味で孤立する可能性もある。ハンチントンの「文明の衝突」で言われているようなことが現実化してしまうのだ。

ちなみにこの状況をよりラディカルに捉えるとこんな未来が待っている??
分裂勘違い君劇場 ~2026年、言葉の壁で日本沈没~ 

だがあえて言おう。「英語の習熟度の差が国の競争力の決定的差ではないこと教えてやる」と。

ただここにはさらに興味深い現象があるかもしれない。それはポストコロニアリズムからの観点である。

つまりフランスの旧植民地の国々の人々が、ネット上のフランス語を介して、自分達独自の言い回しなどを失っていく可能性があるということだ。これは逆に言えば、フランス本国の「正統な」フランス語による再征服とも解することができる。

こういったことは本来web2.0がもつ「脱中心化」という性質と全く逆の現象であり、結局web2.0も世界をフラット化するようにみえても、本質的にはクローズドな文化的階層に基づく秩序をもたらしてしまうのか、とも考えてしまう。

ただgoogleが人力以上の自動翻訳を作ったら杞憂に終わるのだが・・(実際それはgoogle先生でも困難に思える。)

あとやっぱりユーザー数の増加による「衆愚化」についても言及されてた。だけどこれは群集心理から考えたら解決不可能だと思う。だからユーザーの属性を限定したSNSやソーシャルブックマークとかの需要が今後も伸びていくのか。

そう考えていくと世界が標準化されていくようにみえるのも、実は表層的なイメージに過ぎないのかとも思ったりする。

オープンであればあるほど、クオリティの高いものが生まれるというweb2.0の黄金律について、ついつい懐疑的になってしまう今日この頃です。





スポンサーサイト
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。